2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕様記録

ロボワンから1週間、体がガタガタでした・・・。結構蓄積ダメージがあったようです。土曜日の移動に10時間(6:30出発
16:30到着)くらいかかてるからしょうがないか。
GAT-8製作_14

機体名:GAT
形式番号:GAT-8-1
全長:約49cm
重量:約2.6Kg

機体のコンセプトは、3Dプリンタによる外装製作でした。製作期間はだいたい1ヶ月くらいかな?外装以外は、市販パーツと流用品でまかなってます。トランスフォーマー?ってよくきかれたけどそのつもりはないです。できた姿がそう見えただけだと思います。全体的に四角い感じがそう見えるのかな?
GAT-8製作_1AD-3全体像
アームドール(右)の胴体を流用し、下半身はマーキュリーを利用しました。胴体容量が大きいのでバックパックを使わずに基板やバッテリーを全部納めました。
GAT-8製作_3GAT-8製作_4
バッテリーは3Dプリンタで作った専用ケースに入れるようにしました。頻繁に出し入れするバッテリーとケーブルが干渉するのを防ぐための処置です。基板のほうも3Dプリンタで作ったカバーでアルミフレームとのショートを防いでます。
GAT-8製作_2
腕は前攻撃メインだったので、ピッチ軸ばっかり並べました。手首まで軸を付けたのは特に意味ないです!(ドヤッ)
GAT-8製作_5
頭部は別の大きさで3種類、作りました。最初は左のを付けたのですが、ちょっと小さくない?と思ってその1.2倍(右)を作成しました。しかし、でかくね?と思い1.1倍の真ん中を作成して取り付けました。ロボのバランスって改めて難しいなぁと思いました。
GAT-8製作_13GAT-8製作_12
足カバーです。直立状態だときれいにカバーできているんですが、屈伸すると結構空いてます。カバー自体をフレームと密着させたので直立状態で干渉する部分を削ったらこんな感じになりました。膝カバーはなかなか気に入ってます。でもコイツが原因で起き上がりができなかったと思われます(笑)
GAT-8製作_10GAT-8製作_11
胴体に外装を付けたら、ネジを指で回せなくなりました。なので急遽、ネジを回すための治具を作りました。ロボワン出発の前日作成です。こういうのをサクッと作れるのが3Dプリンタのいいところ!
GAT-8製作_9GAT-8製作_8GAT-8製作_7
今回のお気に入り、肩外装です。前面しか外装がないのは、後面に腕のケーブルがあるからです。ケーブルの干渉を避けて外装を付ける手もあったのですが、あえてオミットしました。
肩外装の取り付けはサーボホーンを囲うようにして、余ってるネジ穴にネジ一本で固定してます。意外としっかり付いているのがいい感じです。
GAT-8製作_6
結構、気に入ってる写真です。外装の組み立て前です。いったん外装を外して、塗装。その後、再度組み立て。自分で設計したプラモデルを自分で組み立てる。新たな快感ですwww

今回の機体はかなりフツーだったので、これを元にネタ仕込みをしていければいいかなぁ~と思っています。
では、また。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://understudio.blog96.fc2.com/tb.php/449-04df3534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。