2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギアを立体にする

以前紹介したギアの2Dデータ作成。今回はこれを3Dデータにする方法をご紹介します。
ギア作成2_1
以前作ったギアのデータを用意します。これを「2.5D」ボタンを押して、「透視図」を押します。

ギア作成2_2
「DXF出力」を押してデータを保存します。このとき「.3ds」形式のデータが一緒に出力されます。

ギア作成2_3
そのデータを「google SketchUp」にインポートします。

ギア作成2_4
以前と同じで「分解」を2回やります(なんで2回なのか?)。

ギア作成2_5
これに「Make Faces」を実行します。

ギア作成2_6
これで線だけのデータに面が構築されます。

ギア作成2_7
穴の部分の面を選択して「Deleteキー」で面を消します。

ギア作成2_8
「プッシュ/プル」を使ってデータを立体にします。厚みは数値での指定もできます。これを「.stl」にエクスポートすれば、3Dプリンタで出力できます。
ギア作成2_9
で、こんな感じに作れると。工作の幅がちょっと広がります。
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

>ひろきさん
お疲れ様です。
私も、JWCADで書き溜めた図面が大量にあるので、なんとか生かす方法がないか模索した結果です。
ただ、SketchUPで更に編集する作業まではやってないので、それはこれからという感じです。

ご無沙汰しております。ひろきです。
3Dプリンタ欲しい病にかかっているため、大変興味深く拝見しております。
JWCAD使いなので、本テーマは大変参考になりました。

SketchUpを使ってらっしゃるのですね。私もこれから触ってみようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://understudio.blog96.fc2.com/tb.php/439-220f9917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。