2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBO-ONE 1kg以下級大会

日曜日はROBO-ONE 1kg以下級大会に参加してきました。

受付時間が指定されてなかったので昼過ぎに到着。思ったより人が多くてちょっとビックリ。
1戦目からイガアさんと対決。「今日は勝ちますよー」とテキトーな軽口をたたきつつ準備。委員長が審判をつとめることに一抹の不安を感じつつ試合開始です。

まともなリングで動かすのは改造後初だったので最初は様子見。思った以上に滑ってたけど許容範囲内。動きは悪くなかったけど機体になれていなくて凡ミス連発。それでも延長戦までもつれ込んだけど、集中力がイマイチ上がらない。最後はソウガに投げられ敗戦。

トーナメント終了後、今度はカメラを見て操縦しろとのお達し。すご~く画質の悪いカメラを見ながらの操縦。かろうじて自分と相手の機体は判別できるけど、遠近感と方向感覚がイマイチずれてる。
それでもいくらか操作に慣れたせいか今度は延長戦でソウガに勝ち、めでたく初勝利。

次の相手はサイコロ1号。画像は更に荒く、画面も小さいものに変更。しかも応答性がすこぶる悪いカメラ。初期のゲームボーイよりひどい画面を眺めながらの操縦。画面の端に行くとお互いの機体がわからなくなる・・・。それでもなんとかダウンを奪って勝利。

決勝はくぱぱさんのウォルフラム。4000番を使った予想通りの構造のロボット。でも動きは予想外。ふわりと浮くジャンプ旋回に片足ケンケンの横歩き。さすがです。
で、そんなウォルフラムにはbluetoothカメラが搭載され、そのカメラだけで戦えと・・・更なる悪条件が付加されました。見えないと試合が成立しないので、なるべくカメラの正面に姿が写るようにつとめたけど、パワーはあっちが上なので横パンチで簡単に吹き飛ばれる始末。あえなく撃沈でした。

なんかすごくグダグダな大会でしたが、意図としてはカメラを通して試合をする擬似宇宙大会だったようです。わざわざ1kg以下でなくても良いのでは?とは少し思ったけど宇宙には小型機しかいけないのでしょうがないのかな・・・。

賞品にロボットシミュレータをいただけるそうです。え~っとこんなグダグダな大会でもらっていいんでしょうか?と正直思います。認定権については辞退しました。1kgの機体で3kgに挑む気なかったので。

次は九州のヒューマノイドカップに出場します。黒ウサで出るので今回は良い練習になったということで。関係者の皆様お疲れ様でした~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://understudio.blog96.fc2.com/tb.php/252-ed1985b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。