2011-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパック作り変え

黒ウサ_バックパック_1黒ウサ_バックパック_3黒ウサ_バックパック_2
黒ウサのバックパックを作り変えています。以前は、KHRのバックパックをそのまま流用していました。受信機とバッテリーを入れていたのでちょうどいい大きさだったのですが、胴体(腹部)に受信機を移したことでバッテリーしか積まなくなり、デッドスペースが広くなったのでコンパクトなものに変更することにしました。
ABS板を箱組みしてバッテリーがちょうど入るくらいの大きさにしました。バッテリーがはみ出さないように引き戸タイプの蓋をつけました。イガアさんの機体によく採用されてるバッテリーの収納方法で、バッテリーの出し入れが容易なうえに蓋が開きにくい利点があります。
補強板をつけるための接着剤が足りなくなったので完成というわけではありませんが。重量も少しだけかるくなりました。
スポンサーサイト

仕様記録

GAT-8_素体GAT-8_外装装着
機体名: GAT(仮)
型式番号: なし
全長: 約50cm
重量: 約2.9kg

左が外装をつける前、右が外装をつけた本番用。6000番を足のピッチ軸と腕のロール軸に使用。合計で8個つけてます。足のピッチ軸にはじめて6000番を使ってみましたが、オーバースペックだな~というのが正直な感想です。足の長さ(足裏~最上部ピッチまで)を34cmにしましたが、これくらいなら4014で充分だったんじゃないだろうか・・・。軽量化の意味もあって足のリンクアームは1.5mm厚のアルミ板にしましたが、剛性が結構心配です。3kg級の機体に6000番を使うと剛性がかなり犠牲になるのでやめたほうがよさそうです。
腕につけた6000番は火力アップにかなり貢献しています。モーションのつめは甘かったのですが火力はさすがという感じです。
足首ロール軸は長穴にしていたのでかなりカッチリしていたのですが、股ロール軸はメリッサのままだったのでかなりトルク負けしていました。
まあ、総合評価としては・・・作り直しですね(笑)

第30回ヒューマノイドカップ

先週の日曜日は第30回ヒューマノイドカップに参加してきました。ロボスクエア様、関係スタッフの皆様、出場者各位お疲れ様でした。
優勝はクラフトマンさんのハウザー、準優勝はひろのっちさんのスーパーディガーⅢ、3位はしゅうせいくんのミラージュ、ランブル覇者はなかむらくんの拓歩という結果でした。入賞各位おめでとうございます。
私の方は・・・まあだいたい、いつもの調子です(笑)

ヒューマノイドカップ4
予選のファイヤーアタック。エントリー発表時点では19台、急遽当日2台が棄権だったので集合したのは17台。1台だけが予選落ち・・・というある意味過酷な予選となりました。結局、マシントラブルで1台が棄権したため予選出走した機体は全て決勝トーナメントに進む形となりましたが、なんか久しぶりに味わう緊張感がちょっと楽しかった。
予選はパンチカーペット(しかも、結構波打ってる)で行われるので大型機より、小回りのきく小型機(といっても市販機)の方が有利です。今回の予選を見ていると、市販機の苦戦が目立ちました。たまたまこけてライン外に出たためにコースアウトで失格。パンチカーペットの経験が浅い出場者が多かったのも原因ですかね。
まあ、皆さん精進してください。
ヒューマノイドカップ3
ドカさんのドカたん。全身がほぼ炭化(カーボン)している機体。腕は妙技のリンク機構、足は逆関節と今回のエントリー機体の中では一番斬新な機体でした。いや~久しぶりに面白いのが見れた。
ヒューマノイドカップ1ヒューマノイドカップ2
今回一番盛り上がったのはこの2戦です。わかる人にはすぐわかることですが(つまりわからん人にはちっともわからん)親子対決です。実況側もここぞとばかり、盛り上げます。まあ、いずれの勝負もお父さんに軍配は上がりました(自分の機体の方が性能いいんだから負けられないですよね)。どちらにも言えることは奥さんが一番複雑な顔をしていたことでしょうか(笑)

1年ぶりのヒューマノイドカップでしたが、お客さんの入りも多くて大盛況の内に終了しました。私の機体はまた後日、仕様記録します。ではでは。

ヒューマノイカップに向けて_3

先週末で仕事が一段落したと思ったら、また降ってわいてくる。まいったねこりゃ。
GAT-8_足組み立て
アミエさんからの補給物資が無事届いたので組み立てをはじめました。アミエさんご対応ありがとうございました。
設計したとおりに足もたためているのでいい感じです。
さて、もう寝よう。睡眠時間減ると頭が回らない。

ヒューマノイカップに向けて_2

久しぶりに練習会に顔を出しました。学生が多いのもあって結構にぎやかでした。UATREAM配信でJSRCを少しだけ観戦。拓歩の活躍を期待していたのですが、肝心のバックドロップが決まったところを見損ねた・・・。

練習会には来たけれど・・・当然機体は作成中なのでやったのはパーツ取り用の機体をばらしただけ。帰宅してからGAT-8_完成予想像
ず完成予想像をでっち上げてみる。ここから足が伸びるだけだからほぼ完成像かな?
そろそろねらんと・・・。

ヒューマノイドカップに向けて

年末以来放置しっぱなし。まあ、何もやってないので書くこともなかったんですが・・・。
来週は1年ぶりのヒューマノイドカップが開催されます。ちょくちょくやってるYOKAロボはU1KとSRCをメインに参加していますが、今回は3kg以下という縛りしかないので必然的にORC機体が相手になります。勝とうという意気込みは相変わらず薄いのですが、何か新型を作りたいという願望もあったのでこの機会に1機こさえることにしました。

せっかくのORC機体をということでGAT-7に使う予定だった6000番を使ってみようと図面を描き始めたのが先週末。ちなみにヒューマノイドカップへのエントリーも同じタイミング。今週になってアミエさんに切削を依頼(いつも急ぎの依頼で申し訳ない・・・)。
仕事の方も予定通りテンぱって逼迫しているので平日の作業はほぼ無理・・・。そんな訳で夜勤明けですが、依頼したパーツ以外を自作。
GAT-8_足首_1GAT-8_足首_2GAT-8_足首_3
足首のパーツです。全パーツを設計製作するリソースはないのでジャンクパーツを組み合わせて製作。KRS-2552サイズに合わせたパーツだったんですが、他のパーツと組み合わせたら4000番も使えました。こういう互換性はありがたいです(仕事もこれくらい柔軟ならいいのに・・・ちっ)。

胴体は以前サッカー用に使ったメリッサボディを流用する予定です。胴体製作と配線の手間も省けるので一石二鳥です。
さて、頭と手先はどうするか・・・足こそオリジナルだけどメリッサボディの愛用者が多いので傍から見ると皆兄弟。なにかデコレーションをしなくては。

まあ、悩むのはあすでもいいので今日はビール飲んでねます。おやすみ~。

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。