2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KONDO CUP

先週末はKONDO CUPに参加してきました。結果はトリニティに負けて準優勝。

ゴールキーパー ガーゴイルの鉄壁ぶりがすばらしかった。自分の足元で大きなグリッパーを広げているので転がしたシュートではまったくゴールに入らない。
ガルーのスローインからのボールがGATにあたってトリニティに先制点をとられ。いっきにピンチ。それでもあきらめずに攻め続けるチームメイト。
試合時間が残り少ないなかスローインからのセットプレーで奇跡が。ストライカーのスローインがガーゴイルの頭(無いけど)にワンバウンドしてゴールへ。この日一番興奮した瞬間でした。
延長戦に入った直後。スローインからのセットプレー。トリニティは全員の攻撃態勢。投げるのはクロムキッド。GATに直接当ててゴールを狙ってくる可能性が高いと思っていたので。防御姿勢で待機。
ボールが転がって・・・ゴール正面、ガルーの目の前に。「あれー?」一瞬全員の動きが止まった感じでした。
GATの腕を伸ばしましたがゴールポストから中央まではさすがに届かず。ガルーにそのまま押し込まれ。試合終了。激戦はあっけない幕切れでトリニティ優勝でした。
でも、久しぶりに楽しかった。

今回大型キーパーが2機になり、それを要する2チームが決勝へあがる運びでした。最初大型キーパー作った私が言うのもなんですが、そろそろ何かルール改定で縛らないとと思います。ゴールを単純に大きくしてもあまり解決にはならないでしょうから、大きさで規制になるのか?でもそれだとGAT使えなくなるし。難しいですね。

2週間前くらいから右膝を痛めてニソコンは欠場。GATの調整もままならない状態で参加しましたが、準優勝できました。これもひとえにチームメイトのおかげだと思います。ヒロキさん、イガアさんありがとうございました。
最後となりましたが、KONDO CUP参加者、スタッフの皆様ありがとうございました!
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。